小中一貫教育を推進している三条市

教育に興味を持っています。
先日、たまたま三条市の教育委員会の方のお話を聞く機会がありました。
「中一ギャップ」という言葉があります。全国的に問題になっていることで、小学校から中学校へ上がった時、学校のシステムのギャップが大きく、生徒が不登校になってしまうという問題のことを言います。

 
三条市ではこの中一ギャップを無くそうと、小中一貫教育に取組んでいるということでした。
もしも、自分の子どもが学校に行かなくなったら、親としてはとても心配です。
思春期に入る頃の子どもたちに対して、手厚くフォローしてくれる制度はとても魅力的です。

 
その中でも、一人一人の生徒を大事にするために、生徒たちの主観に重点を置いて指導していくQ-Uというものがあります。三条市では小中一貫校の取り組みと同時進行で、子どもたち一人一人が認められていくように、教育に力を入れています。

 
自治体の立場で教育に力を入れているのはありがたく、魅力的だと感じます。
子どもたちは未来の担い手です。未来に投資できる市にこそ未来はあると感じています。