ローコスト住宅が安い理由

1000万円台で建てられる家の広告を見たことはありませんか?通常の住宅は2000万円以上が相場と言われていますが、中には低予算で買える家が存在します。これが先ほど挙げたローコスト住宅です。一生住み続ける家をこんな安い値段で決めていいのか?どうして安いんだろう?と疑問を感じると思います。家の値段には本体の他に人件費が含まれています。人件費というのは職人さんや営業マンなどにかかるお金で、たくさんの人を雇うほどかかってきます。ローコスト住宅は、人件費を抑えているため、営業マンもいなければ、専属のコーディネーターも存在しません。多くの人に知ってもらう目的で大手ハウスメーカーはCMを流して宣伝します。これも、人件費に含まれています。ローコスト住宅は、宣伝費も削減しているので、CMが流れることはありません。使用する木材も大量生産しているため、安く済みます。その他にもサービスに違いが見られます。家は大きな買い物なので、40年もの保証が付いていますが、価格を抑えた家だと10年とか20年だったりするそうです。
<広告>
クレジットカードの即日発行じゃけん|超SEO対策|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|生命保険の選び方|女性の人生|心の童話|JALカード|FXシストレ比較|GetMoney|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|工務店向け集客ノウハウ|